投資信託

2009年6月12日 (金)

投資信託の種類を紹介

投資信託の種類
投資信託には2種類の選択肢に大きく分けることができます。
その二つとは、株式投資信託と公社債投資信託という
ものです。
投資信託の種類を紹介

郵便局の投資信託の種類
銀行だけでなく、郵便局でも投資信託が扱われています。
こうしたファンドは銀行や郵便局などを合わせてみると、
かなりの数になりますので
選択肢の幅も広がるのではないでしょうか。
郵便局で販売される投資信託

不動産投資信託の仕組み
不動産投資信託というものがあります。
どういったシステムかというと、投資家から預かったお金を集めて、
それを不動産を買い運営していくことで
儲かる資金を投資家に配当していくものとなっています。
不動産を持つと家賃などの賃料や売ることで生じる売却益などが発生しますから
こうしたところで資金運用しようという仕組みですね。
不動産投資信託の仕組み

ランキングにばかり囚われない
投資信託をされている方はいますか?
投資信託をされている方なら、気になるのがランキングですよね。
投資信託のランキングには、雑誌や新聞で1カ月や1年という短期的な
ランキングが掲載されているものがあります。
投資信託のランキングの人気度は信じない

投資信託の仕組みとは
投資信託とは、どのようなものでしょうか?
昨今、個人でも投資をする人が増えてきています。
簡単なシステムをご紹介すると、販売会社と運用会社、
管理会社が様々な投資家から預かったお金を運用していくものをいいます。
「投資信託110番~疑問点はここで解消」トップ

基本的な手数料
投資信託とは、簡単に説明すると、
証券会社が一般投資家から資金を集め、
資産運用会社を通して信託銀行に資金を預けて、
株や債権や不動産などに投資する金融商品の事です。
その投資信託の手数料についてお話したいと思います。
投資信託の手数料 無料になる場合も

投資信託の分配金で再投資も可能

分配金の基礎知識
投資信託の分配金についてお話したいと思います。
投資信託の分配金というのは決算をする時期にその一年間の収益や
一部の信託財産の中から、投資家に配られるお金の事です。
主に、株式や債券から発生した配当金や利子収入、株式や債券を売買して得た
売買益が投資家に投資信託分配金として配られます。
投資信託の分配金で再投資も可能

まずは口座開設から
投資信託を始めるには、どうすればいいのでしょうか。
まずは、買った投資信託を保管しておく口座が必要なので、
投資信託を販売している証券会社や銀行などに口座を作ります。
ここでの注意点はその金融機関で扱っている投資信託しか買えないという事です。
投資信託を一から始める流れ

投資の目的をまず決める
投資信託はたくさんの種類があります。
何千ものファンドが運用されていて、
最初はどれを買っていいのかわからない
という人が多いと思います。
投資の目的や期間をしっかりと決めておく

リスクとリターンの意味を知る
投資信託を行うにあたって、リスクやリターンという言葉をよく耳にします。
リスクは一般的には危険性などという意味で使われていますが、
投資信託においては価格の変動の大きさや確実ではなという意味で
使われます。
投資信託のリスクやリターン率のバランス

投資信託の騰落率を解説
投資信託の騰落率について説明したいと思います。
投資信託を行っている人は騰落率という言葉はご存知だと思いますが、
初心者の方はわからないかもしれませんね。
簡単にいうと利益率をはかる指標ということになります。
投資信託の騰落率を学ぼう

会社の評価を利用する
投資信託には第三者の立場から運用方針や運用実績、
サービスやパフォーマンスなどを評価して、
その情報を投資家達に提供する会社があります。
その評価は星の数などで格付けを行っていてとても
わかりやすいものになっています。
投資信託の評価と会社のランク

運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ

リスクヘッジは常に考えておく
投資信託の運用方法で「分散する」というやり方があります。
いろいろなものを分散するのですが、これは投資のリスクを
最小限に抑える方法として、リスク自体を分散させる、というものです。
投資において売買するタイミングというのは最も重要と言えるでしょう。
運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ

無期限ファンドの台頭
投資信託には運用期間というものがあり、
最近ではこの運用期間が無期限のファンドが主流となっています。
これは運用の期間が定められておらず、
決められた最低総資産を下回る事がなければ、
半永久的に運用し続けるというものです。
運用期間と解約の仕方について

投資信託の手数料について
投資信託には様々な手数料がかかります。
例えば販売手数料や信託報酬などです。
まず販売手数料ですが、
これは投資信託を購入する時に必要な手数料の事です。
ファンドごとにかかる金額は様々ですが、消費税も加えられる事になります。
販売手数料や信託報酬などの注意点

税金のかかる種類
投資信託はそれぞれ時期によって税金がかかってきます。
これにはみなさんが直接支払わなければならないものと、
間接的に差し引かれるものとがあります。
どの時期にどのタイミングでどれだけの費用がかかるのかを少し調べてみました。
基本的に分配金や解約金、そして売却益で20%の源泉徴収となります。
投資信託の税金のかかる費用

説明書のようなもの
投資信託には運用報告書というものがあります。
これはその投資信託の詳しい説明書のようなものです。
この運用報告書は各ファンドの決算期ごとに発行されています。
投資信託の運用報告書の内容について

その他関連情報の紹介

他の投資信託情報
一般的な投資信託について紹介していますが、
それ以外の外国のファンドについてやドルコスト平均法、日経225連動など
様々なアプローチ方法についてご紹介しています。
下記に詳細をまとめてありますので、
いろいろな知識を活用して運用に役立てていってください。


職種別の転職内容関連エントリー


投資信託において毎月分配金が支払われるものがありますが、
これを「毎月分配型投資信託」といいます。
収益の決算を一ヵ月後とに行い、毎月分配金を受け取れるという事で
一定期間ごとのお小遣い的な感覚で人気をよんでいます。
分配型ファンドの利点と弱点

投資信託の運用方法のひとつに「ドルコスト平均法」というものがあります。
これは毎月一定の金額を購入して投資し続けるという方法です。
この投資法では買値を安く安定させる事ができます。
それはなぜかというと、まずファンドの評価額ですが、これは常に変動していますね。
ドルコスト平均法の欠点を知っておく

株式や債券などの銘柄、価格、売買時期などの投資に関する事を
専門的な立場から投資を行う人々にアドバイスを行う業務を投資顧問と言います。
元々はイギリスから投資顧問という業務が生まれ、
投資信託の本場アメリカで発展したビジネスです。
投資顧問会社のシステム

株価の世界では日経平均株価の事を日経225と呼んだりします。
日経平均株価とは東京証券取引所の一部上場する約1700の銘柄のうち
活発に取引が行われていて流動性が高い225銘柄を対象とした株価指数の事です。
東証株価指数いわゆるTOPIXと並び代表的な株価指数になります。
日経225連動型上場投資信託の紹介

海外株価指数への連動を目的にして運用する投資信託の事を
海外ETF(指数連動型上場投資信託)と言います。
今回はこの海外ETFのメリットとデメリットについて少し調べてみました。
これは海外証券取引所に上場され海外証券取引所を通して売買が行われています。
この海外ETFは株価指数に連動する事を目的に運用されているために
値動きがわかりやすく分散投資といったメリットがあります。
海外ETF(上場投資信託)の良し悪し

新興国市場株投資信託について少し調べてみました。
新興国市場株の投資信託はリスクは高いものの
成長期待も大きく長期的に続けられる投資信託として注目を集めています。
新興国とは高度成長期にある国の事で主に経済成長が著しい国を指します。
中でも「BRICs」(ブリックス)が注目を集めています。
新興国市場株の投資信託を学ぶ

海外投資信託の中でも特に注目を集めているのが
中国株に続いてインド株ではないでしょうか。
インド株の人気の理由としてまず人口が10億人と
世界でもトップクラスの人口数という事があげられます。
それから近年アメリカからのアウトソーシングにより
IT関連がめまぐるしく発達してきています。
インド株への投資信託を始めよう

先進国に比べて高い経済成長率を実現している中国を筆頭に
アジア諸国の投資信託が注目を集めています。
ずば抜けた人口数を誇る中国やインドでは人口数が多いだけに労働人口も多く、
それによって生産力が豊富になり消費人口も豊富という事になります。
アジアの株の投資信託への期待度

海外投資信託の中でも注目を集めつつあるのが中国株ではないでしょうか。
近年めまぐるしい経済成長をとげている中国ですが、
人口が10億人と世界でもトップクラスの数で
そのおかげで労働数が多く生産量が増えるという事になります。
中国株の投資信託をする前に

その他関連情報の紹介

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ