« その他関連情報の紹介 | トップページ | 投資信託の分配金で再投資も可能 »

2009年6月12日 (金)

運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ

リスクヘッジは常に考えておく
投資信託の運用方法で「分散する」というやり方があります。
いろいろなものを分散するのですが、これは投資のリスクを
最小限に抑える方法として、リスク自体を分散させる、というものです。
投資において売買するタイミングというのは最も重要と言えるでしょう。
運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ

無期限ファンドの台頭
投資信託には運用期間というものがあり、
最近ではこの運用期間が無期限のファンドが主流となっています。
これは運用の期間が定められておらず、
決められた最低総資産を下回る事がなければ、
半永久的に運用し続けるというものです。
運用期間と解約の仕方について

投資信託の手数料について
投資信託には様々な手数料がかかります。
例えば販売手数料や信託報酬などです。
まず販売手数料ですが、
これは投資信託を購入する時に必要な手数料の事です。
ファンドごとにかかる金額は様々ですが、消費税も加えられる事になります。
販売手数料や信託報酬などの注意点

税金のかかる種類
投資信託はそれぞれ時期によって税金がかかってきます。
これにはみなさんが直接支払わなければならないものと、
間接的に差し引かれるものとがあります。
どの時期にどのタイミングでどれだけの費用がかかるのかを少し調べてみました。
基本的に分配金や解約金、そして売却益で20%の源泉徴収となります。
投資信託の税金のかかる費用

説明書のようなもの
投資信託には運用報告書というものがあります。
これはその投資信託の詳しい説明書のようなものです。
この運用報告書は各ファンドの決算期ごとに発行されています。
投資信託の運用報告書の内容について

« その他関連情報の紹介 | トップページ | 投資信託の分配金で再投資も可能 »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1229449/30067163

この記事へのトラックバック一覧です: 運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ:

« その他関連情報の紹介 | トップページ | 投資信託の分配金で再投資も可能 »

無料ブログはココログ