トップページ | 運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ »

2009年6月12日 (金)

その他関連情報の紹介

他の投資信託情報
一般的な投資信託について紹介していますが、
それ以外の外国のファンドについてやドルコスト平均法、日経225連動など
様々なアプローチ方法についてご紹介しています。
下記に詳細をまとめてありますので、
いろいろな知識を活用して運用に役立てていってください。


職種別の転職内容関連エントリー


投資信託において毎月分配金が支払われるものがありますが、
これを「毎月分配型投資信託」といいます。
収益の決算を一ヵ月後とに行い、毎月分配金を受け取れるという事で
一定期間ごとのお小遣い的な感覚で人気をよんでいます。
分配型ファンドの利点と弱点

投資信託の運用方法のひとつに「ドルコスト平均法」というものがあります。
これは毎月一定の金額を購入して投資し続けるという方法です。
この投資法では買値を安く安定させる事ができます。
それはなぜかというと、まずファンドの評価額ですが、これは常に変動していますね。
ドルコスト平均法の欠点を知っておく

株式や債券などの銘柄、価格、売買時期などの投資に関する事を
専門的な立場から投資を行う人々にアドバイスを行う業務を投資顧問と言います。
元々はイギリスから投資顧問という業務が生まれ、
投資信託の本場アメリカで発展したビジネスです。
投資顧問会社のシステム

株価の世界では日経平均株価の事を日経225と呼んだりします。
日経平均株価とは東京証券取引所の一部上場する約1700の銘柄のうち
活発に取引が行われていて流動性が高い225銘柄を対象とした株価指数の事です。
東証株価指数いわゆるTOPIXと並び代表的な株価指数になります。
日経225連動型上場投資信託の紹介

海外株価指数への連動を目的にして運用する投資信託の事を
海外ETF(指数連動型上場投資信託)と言います。
今回はこの海外ETFのメリットとデメリットについて少し調べてみました。
これは海外証券取引所に上場され海外証券取引所を通して売買が行われています。
この海外ETFは株価指数に連動する事を目的に運用されているために
値動きがわかりやすく分散投資といったメリットがあります。
海外ETF(上場投資信託)の良し悪し

新興国市場株投資信託について少し調べてみました。
新興国市場株の投資信託はリスクは高いものの
成長期待も大きく長期的に続けられる投資信託として注目を集めています。
新興国とは高度成長期にある国の事で主に経済成長が著しい国を指します。
中でも「BRICs」(ブリックス)が注目を集めています。
新興国市場株の投資信託を学ぶ

海外投資信託の中でも特に注目を集めているのが
中国株に続いてインド株ではないでしょうか。
インド株の人気の理由としてまず人口が10億人と
世界でもトップクラスの人口数という事があげられます。
それから近年アメリカからのアウトソーシングにより
IT関連がめまぐるしく発達してきています。
インド株への投資信託を始めよう

先進国に比べて高い経済成長率を実現している中国を筆頭に
アジア諸国の投資信託が注目を集めています。
ずば抜けた人口数を誇る中国やインドでは人口数が多いだけに労働人口も多く、
それによって生産力が豊富になり消費人口も豊富という事になります。
アジアの株の投資信託への期待度

海外投資信託の中でも注目を集めつつあるのが中国株ではないでしょうか。
近年めまぐるしい経済成長をとげている中国ですが、
人口が10億人と世界でもトップクラスの数で
そのおかげで労働数が多く生産量が増えるという事になります。
中国株の投資信託をする前に

その他関連情報の紹介

トップページ | 運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ »

投資信託」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1229449/30067118

この記事へのトラックバック一覧です: その他関連情報の紹介:

トップページ | 運用タイプを分散するリスクヘッジの大切さ »

無料ブログはココログ